ふとしたきっかけでジャムの奥深さを知りました。

試行錯誤を繰り返し、究極のジャム作りのため、

​周防大島でジャムを作ることを決意。

周防大島は

​柑橘の島

私たちがジャム屋を開業するのに選んだのは瀬戸内海に浮かぶ周防大島(島の形が金魚に似ているので別名金魚島とも呼ばれています)。多種多様な果実類の栽培が行われていることが決め手となりました。
果実生産現場に近いからできる旬の素材を使用した季節感のあるジャム作りをしています。
島の温暖な気候を生かして作られる柑橘類の生産量は県下一位! 量だけではなくその品質のよさでも知られ、全国に根強いファンを持ち、近隣では「柑橘の島」と呼ばれています。 大島についての詳しい情報は、周防大島.comまでどうぞ!

果実栽培からこだわる

​自家農園

「美味しいジャム作りは美味しい果実作りから」 私たちが考えているジャム作りの原点は果実作りから始まります。

お店の隣の畑などでブルーベリー・あんず・ゆず・金柑・すだいだい等を育てています。

特にブルーベリーは本格的に栽培を始めて7年目を向かえ、収穫量も期待できるような樹々に育ってきました。
更に自家農園を拡大するため、2010年末からは新たに耕作放棄地を借り受け、再開墾しています。再開墾から10年ほど経過し、ブラッドオレンジなど、周防大島では栽培されていなかった果物も収穫できるようになりました。

​樹上で1年以上完熟

ジャム専用栽培も

瀬戸内のおだやかな浜風の中、太陽の光をふんだんに浴びて育った果実類で作ったジャムたちが私たちの自慢です。
そして果実生産現場に自ら関わるからこそできる新しいジャム作りに取り組んでいます。
例えばある柑橘はマーマレード用に収穫時期を3カ月も遅らせて樹上完熟させるなど、他にはないジャム作りをしています。写真のレモンは樹上で1年以上完熟させたものになります。手のひらを優に超える大きさになり、酸味が落ち着きまろやかな風味となります。
さらに原材料となる果実類は、全て自家農園か契約農家から直接仕入れ、無農薬もしくは減農薬で育てたワックスをかけていないものを使用しています。

念願の

​ブルーベリー園

念願だった「体験型ブルーベリー園」を2010年からOPENしました!
ブルーベリーの摘み取り体験ができます。
毎年7月の海の日の3連休から8月のお盆の時期まで摘み取り体験ができますので夏休みにお越しの際にはブルーベリー狩りをどうぞ楽しんでいってくださいね!
ゆくゆくは摘み取ったブルーベリーでジャム作り体験ができるようにしていきたいと夢は広がるばかりです。

特別な柑橘

山本柑橘園

周防大島の柑橘農家さんで柑橘はかせ。約20品目もの柑橘を年中通して栽培。
品種改良も欠かさない。夏においしいみかん「南津海(なつみ)」は弘三さんが生み出したオリジナル品種!!

山本柑橘園の柑橘類は、一般の市場に出る前に、一流レストランや大使館などが、買い上げてしまうため、一般では手に入れることができません。

当店では、その特別な柑橘を譲っていただき、贅沢に使いジャムやマーマレードに仕上げています。

ひとつひとつ

​安心の手作り

この地域ではみかん以外にもたくさんの果実を栽培しています。

いちご、梅、いちじく、ぶどう、東和金時(サツマイモ)、キウイなどなど。

ジャムにするのに最適な「旬」を農家さんとの共同作業で見つけ出し、果実たちをジャムにしてお届けしています。

また、一般に柑橘の中袋を大量に除去する場合、缶詰工場で行われるのは、薬品を使用して溶かすことが多いのです。

しかし私たちは全て手作業。

加工に薬品は使用していません。 ひとつひとつ安心安全の手作りにこだわっています。

漂白されていない

​種子島産洗双糖

日本では糖度40度以上をジャムとして規定しています(文化の違うヨーロッパやアメリカなどは60度以上が一般的です)。
私たちは果実本来の味を生かすため、糖度は日本の基準の最低である糖度40度にしています。(開栓後はお早めにお召し上がりくださいね。)
さらに砂糖は種子島産のさとうきびを化学的精製をせずに作り上げた「洗双糖」を取り寄せて使用しています。 漂白していない砂糖のため、ジャム自体は見た目少々茶色がかった色合いになりますが、味は最高です!

ゲル化剤、pH調整剤

は使いません

世間一般的なジャム造りではとろみが足りなければゲル化剤を、酸が足りなければ㏗調整剤を、などなど添加物で味を調整することになります。

しかし、私たちの目指しているジャム造りは、このような大量生産で均質な工業製品型ジャムづくりではなく、正反対にその味の違い(テロワール)を楽しむジャム造りです。北斜面の柑橘は酸味が抜けにくいのでその酸味を楽しむよう、レモンティーをイメージして紅茶で煮あげたり、寒さの続いた年の柑橘は苦みが出るので、その苦みを楽しむためにチョコレートで煮込んだり、、、などなど。それぞれの果実の個性を見極め、個性を活かすジャム造りをしています。

大鍋は大敵

​少量づつの煮込み

生産量が多くなり、味の均一性と生産性を考えると一般的には給食で使う回転鍋の様に大釜で煮込むようになりがちです。

が、当店が使用しているのは創業以来一貫して両手で抱えられる程度の大きさの鍋まで。大なべで煮込むほど煮込み時間が長くなり、香がとび、色がくすみ、味がひねてきます。

香料や着色料などの添加物を使わない当店としては、果実本来の個性を引き出せる鍋の大きさがあります。生産性が悪い代わりに、一鍋ずつが違う味にできるのが最大のうり。

効率より多様性と品質を重視したジャム造りなのです。果物の希少性によっては最低ロット50本程度のジャムから煮込んでいます。

​瀬戸内ジャムズガーデン

〒742-2804

山口県大島郡周防大島町日前331-8

TEL:0820-73-0002

​メール:setouchi@jams-garden.com

営業時間 10:00 - 17:00

(3月~11月の土日祝日と夏休み7月20日ごろから8月末日までは17:30まで営業)

​定休日 水・木(木曜はジャムの販売のみ営業)

  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram