top of page

2022 晩秋のジャム屋日記



 立冬を過ぎたころから日中の温かさとはうってかわり、島の朝夕は気温が大きく下がるようになってきました。

みかんの果実も黄色く色づき、島の秋の景色に華を添えてくれます。

この時季から年末にかけては島の主産業である「みかん」が収穫期を迎え、島の農家さんたちが一年間で一番忙しい季節を迎えます。

いっぱいにみかんを詰め込んだコンテナをのせて軽トラックがそこかしこを忙しそうに走り抜けていきます。


 ちなみに柑橘類の中では一番最初に旬を迎えるのが「みかん」。

しかし、みかんと一口に言っても、収穫時期によって品種が変わり、呼び名も変わります。

9月末ごろから収穫が始まる「極早生(ごくわせ)みかん」、10月頃から始まる「早生(わせ)みかん」、11月末ごろから始まる「中生(なかて)みかん(普通温州)」、12月~2月頃までの「晩生(おくて)みかん」に大きく分類されます。

そして、11月ごろから香酸柑橘類(レモンやゆず、かぼす等の香りと酸味を楽しむ柑橘類)も旬を迎え始めます。


 そう、柑橘産地の旬が、まさに今、始まろうとしています。

下中央の写真は、レモンの丘から眺めた嵩山(だけさん)。レモンの丘の幼木は成長を優先させるため、摘花を行い、果実はついておりませんが、来年は1~2個ずつでも実を付けさせてみようと思います。 そして左下の写真は秋の澄んだ瀬戸内海、ジャム屋の前の浜辺です。そして、右下の写真は11月18日からJam‘sギャラリーで始まった「島暮らし5人展」に出展されている「ないだ織り」さんの作品。「島暮らし5人展」は11月末までの会期です、お時間が合えば是非ご覧ください。

 さて、お待たせしました!

今年の2月に「秘密のケンミンSHOW」でも紹介されたサツマイモ系の「焼きジャム」。

11月から続々と登場です!!「焼きジャム」とは、トーストやスコーンなどにジャムを塗り、バターをのせてジャムごとオーブンで焼いてお召し上がりいただくのがおすすめのジャムたち。スイートポテトのようにほっくり、ホクホク感が楽しめますので是非お試しください。


下の写真は左上が「むらさき芋の魔女風ジャム」の煮込み風景。右上が「金時いものドルチェ焼きジャム」の煮込み風景。

そして左下の写真が、出来上がったばかりの「コトコト黒豆が彩る島の金時いも焼きジャム」。

そしてJam‘sカフェで提供している「贅沢焼きジャムトースト」です。




     さて、香酸柑橘類が旬を迎える11月は、当店のチェッロ仕込みも始まります。

まずは緑色のグリーンレモンを使った「瀬戸内の生レモンチェッロ~贅沢グリーン~」の仕込みから。

緑色レモンの時季は黄色いレモンより香りがフレッシュで濃厚。このほとばしるアロマをぎゅぎゅっと抽出して瓶に詰め込んでいきます。

この季節限定のグリーンレモンの生チェッロ、この香りを是非ご堪能ください。


 一方、11月に煮込みを終える果実類もあります。

一つは無花果、そしてもう一つは厚保くり。どちらも初秋のころから煮込んできた秋を代表する人気ジャムたちですが、11月中旬頃で煮込みは最後を迎えます。

新しくシーズンインする果実類との出会いはもちろん楽しいですが、シーズン最後の煮込みもなんだか感慨深いものをいつも感じています、来年、また会おう!!

ちなみに下の左から2番目の写真はフェイジョアという南方系フルーツの実。桃とバナナを掛け合わせたような味わいで、立冬ごろから収穫が始まります。昭和終り頃に周防大島の一部地域で試験的に栽培が始まった果実ですが、結局売り方がわからないので、その後栽培がほぼ途絶えておりました。

その意思をジャム屋が引き継ぎ、ようやく自家農園で収穫できる程になってきました。

まだまだ収穫自体は少ないですが、どのようなジャムに仕上げようか、新しい食材との出会いに、ワクワクしております。

その隣の写真は工房に届いた師走の香り「ゆず」。そして右端の写真は苺の花で授粉を手伝ってくれているミツバチ。12月中旬ごろから、いよいよ「いちご」も収獲ができそうですよ、お楽しみに!







さて、最後に3点ご報告です。

①Jam‘sカフェでは「焼きジャム」「焼き林檎」などホクホクメニューが登場!

②晩秋が旬の「焼きジャム」や「レモンチェッロ」を詰合わせた冬のギフトセット、販売開始しました。12月はWeb特別キャンペーンも実施しますので、HPも是非ご覧ください。

③最後のご報告は「古民家再生プロジェクト」!江戸時代に島に柑橘栽培を導入した島の柑橘の祖「藤井彦右衛門」は私たちの島のアイデンティティー。そんな彼の痕跡を未来に残していくため、私たちは取り組み始めています。

99年前に一部移築された古民家をリノベし未来に伝えるべき「宿」として生まれ変わらせます。写真は届いたばかりの露天風呂用の陶器のバスタブ。そして修繕し終わった天井の木組み。これからの私たちの取り組みを、是非楽しみにしていてください!

島の師走は柑橘シーズンの始まり。

今年最後12月の新作発表は12月11日20時から!どうぞお楽しみに。 園主 松嶋


Kommentarer


bottom of page