HOME  >  about jams garden  >  おいしさの秘密
私たちのジャム作りは ここがちがいます

ジャムの材料、それは果物。果物の特徴を知り、最適な方法によりジャムに仕上げる。果実産地だからできる新しいジャム作りに私たちは取り組んでいます。


1素材へのこだわり


(1)果実の栽培方法・収穫時期にこだわっています


これまで世間一般的だったジャム造りの発想 → 加工用果実=生食販売できない果実を利用


一方私たちが取り組んでいるのは・・・ →「ジャムへ加工することを目的とした果実の栽培」


<その理由は>


(1)添加物を使用しないジャム作りでは果実がおいしくないとおいしいジャムができないため


(2)果実は生で食べるのに適した時季とジャム加工に適した時季は必ずしも一致しないため


   例1:いよかんは3-5月・はっさくは2-3月頃が生で食べるのに適していますが、その時期にマーマレードにすると物足りない味になります。柑橘の持つ酸味が適度に残っている1月頃のいよかん・はっさくを使用したほうがマーマレードとしては美味しいのです。


(2)ジャムに適した農作物探しにこだわっています


 こんな果実が?と思う果実でもジャムにするととても美味しいものがあります。


そのような果実を探し出すことにもこだわっています。


  例1)   当店人気マーマレードの「完熟すだいだいマーマレード」もそのような一品です。一方、生食としては全く陽の目を見なかった柑橘をマーマレード用柑橘としてよみがえらせることもあります。そのよい例が「ミスキョウコ」です。品種ミスキョウコは独特の甘い香りがとても魅力的な果実ですが、皮が固く、種が多く、生食に向かない品種だったため原木が農家さんの畑の片隅に一本だけひっそりとこの世に存在していました。これも果実生産者との対話により私たちの春のマーマレードとして陽の目を見ることになったのです。現在では生産数を増やしていただくために樹木の栽培本数を増やしていただいているところです。


  例2)「東和金時」(鳴門金時と同系統のサツマイモで周防大島の特産)でジャムを作っています。「芋のジャム?」とお思いでしょうが、トーストに塗ってからトースターで焼くとほっくりする新ジャンルの「焼きジャム」として販売し、大好評を得ております!


  例3)小さい頃、梅干しの種を割って食べたことはありませんか?あんずだとあの種の核の部分は杏仁豆腐の原料になります。そう、種の核はとても魅惑的な香りがする媚薬なのです。私たちは梅やアンズの種を一つ一つ手で割り、その核を取り出し、果実とともに煮込んでいます。とことんこだわった種割ジャムシリーズの誕生です。


2ジャム作りへのこだわり


(1)果実本来のおいしさを表現するために


・基本は種と中心部分の芯を取り除いた果実全体を使い、化学的精製のされていない種子島産の砂糖(洗双糖)を使用して煮込みます。→「果実と砂糖のみ」、これを基本とするのは果実本来の味を一番ストレートに伝えることができるからです。


不要な添加物やゲル化剤、化学調味料や合成着色料などは添加しません。


その代わり、よりおいしく・品質を安定させるために果実の収穫時季や貯蔵方法を工夫することにより酸味や風味を調整したり、湯がき回数や果実の使用部位の加減等により苦みを調整したり、といった工夫を重ね、自然の風味をそのまま楽しめるジャムに仕上げております


  例)全体に苦味の強い「はっさく」は煮込み時間・煮こぼし回数のほか、苦みの多い房袋の使用量を調整して苦みをコントロールしています。→同じ「はっさく」でも加工方法を変えることにより「はっさくマーマレード」・「はっさくブランデーマーマレード」・「はっさくショコラマーマレード」とまったく違った味わいにしております。


(2)果実ごとの特色を生かすこだわり


それぞれの果実にはそれぞれとても相性のいい食材が存在します。私たちはその食材のことをマリアージュと呼んでいます。それがブランデーであったり、カカオであったり、蜂蜜であったり、バニラビーンズであったりします。そのようなパートナーを探し、よりよいマーマレードに仕上げていくことにもこだわっております。その一例が雑誌「日経大人のOFF」の「日本一のお取り寄せ」に選ばれた「はっさくショコラマーマレード」です。また、果実の特色に合わせた食べ方の提案として人気を博しているのが「焼きジャム」シリーズです。

プリンタ用画面
友達に伝える


 


11月の月次ネット販売は19日からです!
(ネットでは月に1度の販売となっております)
 
ギフトセットの販売は常時おこなっております
数量の多い場合は画面右上の「お問合せ」
ボタンからご連絡ください

現在販売中のギフトはこちら 

 

田舎が最先端!

共に未来を創れる幹部スタッフ募集

しています

店主夫婦あいさつ

その年々で、農家さんごとで、畑の条件で、果実の味が異なるのは当然、その個性と多様性を活かし、さらに最適な収穫時季にまでこだわるVintageで高品質なジャム造りに私達は取組んでいます。大鍋を使用せず短時間で果実本来の風味を生かす小ロット製法。職人の感性が生みだすマリアージュ。そして種子島産の化学的精製をする前の砂糖「洗双糖」を使用(pH調整剤やゲル化剤は不使用)。瀬戸内の島で生まれたVintageなジャムをお楽しみ下さい。
 

私たちの想いが詰まったテレビ番組がご覧いただけます↓!!

「NHK地域づくりアーカイブス」

「フェイス  続 里山資本主義 ―過疎の島こそ21世紀のフロンティア―」
(リンク先ページの関連動画「過疎の島こそ21世紀のフロンティア」の回をご覧ください)

 

  

    書籍:里山資本主義も販売中!

 

「美味しい田舎のつくりかた」販売中!

園内マップ

周防大島とは

 私たちがジャム作りのために選んだ島は瀬戸内海国定公園の西の端にあります。温暖で晴れの日が多い気候のため、様々な果実、特に柑橘栽培が盛んな島です。

 

 

周防大島の元気プロジェクト

高齢化率日本一といわれたこの島で、われわれが地域のためにできること。やるべきこと。島の若者たちと新しい取り組みを始めています。

「島くらす」のフェイスブックページは→こちら

 

ジャム屋日記

晩秋のジャム屋日記
[日記] 島では11月に入り気候も安定し、深まる秋を楽しめる季節になりました。下の写真はこの時季活況に入るイワシ網漁。2艘の船で網を両端から引き、徐々にしぼめていきます。最後にクレーンの付いた船で持ち上げると・・・岸のすぐそばでダイナミックに広げられるイワシ漁はまさに島の生活文化が漂う芸術です。 そして、観ているだけで芸術だと感じるモノ。秋はやはり紅葉ですよね。下の写真はブルーベリーの紅葉。春先の可愛... 2017-11-19

秋のジャム屋日記(10月)
[日記] 清々しい季節の始まり!という例年の10月のイメージとは異なり、島でも今年の10月は秋雨、台風、台風、、、、。ちょっと残念な気持ちになりますが、反対に晴れた日の貴重な陽射しへの感謝の気持ちが大きくなるので、これはこれで、お天道様が決めていることだから、有り難く受け入れていく。農業をしているとそんな気持ちになれるのが、いいところだと思います。下の写真はそんな貴重なある晴れた秋の日のミカン畑の丘。 ... 2017-10-29

初秋のジャム屋日記(9月)
[日記] 夏休みも終わり、島に秋の風が流れるようになってきました。見る側の目がそうさせるのか、海の色もどことなく秋の気配を感じさせます。 天高く、とはまさにこんな感じなんでしょうか。雲のたなびき方ひとつとっても清々しさが漂います。そんな秋の始まりですが、既に柑橘の島では新しいシーズンに向けて果実が大きく育ってきている季節でもあります。特に当店がこだわっている「ジャム製造に最適な旬を楽しむ」マーマレ... 2017-09-24



瀬戸内ジャムズガーデン (Facebookモバイル)



top
瀬戸内ジャムズガーデン(瀬戸内Jam's Garden)
〒742-2804 山口県大島郡周防大島町日前331-8

このサイトはリンクフリーです。
ご自由に左にあるバナーをご使用ください。

©Copyright 2012 Jam's Garden All Rights Reserved. Supporting by Crouton Co., Ltd.