2017
10月 29
(日)
21:00
秋のジャム屋日記(10月)
本文

清々しい季節の始まり!という例年の10月のイメージとは異なり、島でも今年の10月は秋雨、台風、台風、、、、。ちょっと残念な気持ちになりますが、反対に晴れた日の貴重な陽射しへの感謝の気持ちが大きくなるので、これはこれで、お天道様が決めていることだから、有り難く受け入れていく。農業をしているとそんな気持ちになれるのが、いいところだと思います。下の写真はそんな貴重なある晴れた秋の日のミカン畑の丘。

そのミカン畑の中腹にある自家農園で栽培しているのが下の写真のフェイジョア。南方系のフルーツですが、瀬戸内でも栽培が可能で、バナナと桃を足したような風味の果肉になります。まだ植えて2年なので、樹を太らせるため、実はあまりつけさせていませんが、ちょっとした楽しみのため数個だけ実をつけて育てています。2・3年後には皆様のお口にも届けられると思いますので、楽しみにしていてください。

そしてそのミカン畑の丘の頂上は自家農園のサツマイモ畑になっています。貴重な晴れ間がもったいないと、早速農業部の渡邉くんが農作業。この時季のこんな日和の日は農業が楽しくて仕方ないです(笑)

下の写真は試掘したサツマイモ。ジャムには大型に成長したサツマイモが最適なので、いかにして大きく大きく育てるか、ジャム屋なりに試行錯誤を繰り返しています。今年の大きさを見ると、その成果が出てきているのが分かります。こんな地味なことですが、思い通りに成長し農作物を見るとしみじみと嬉しさがこみ上げてきます。

一方、かんきつ類もいよいよ出番です!下の写真は自家農園のライム。その香りにほれ込んで自家農園に真っ先に植え付けたのがこのライム。しっかりと収量が採れるようになってきたのはつい2・3年前から。この季節の薫り高いライムは最高です。ついつい、味見と称して夜のカクテルに使ってしまいますが、、、。

そしてもう一つ、このシーズンから始まる瀬戸内の名物柑橘、それが青レモン。この時季だけの緑色がかったレモンのことですが、そのフレッシュで濃厚な香りは格別。新しく地域に就農してくれた若手の柑橘農家さんが、以前の畑のオーナーから引き継いでジャム屋専用のレモン畑から、今年もどっさりと収穫して来てくれました。

そして、いよいよ始まったのが「みかん」。この時季のみかんは極早生(ごくわせ)・早生(わせ)と呼ばれる品種で外皮にはまだまだ青さが残っています。しかしこのちょっと酸味が強いぐらいのミカンの方がジャムにした時はとてもおいしく出来上がります。柑橘産地のジャム屋としてはこのシーズンを待ちわびていました!!

サツマ芋のジャムについで人気のある焼きジャムが「かぼちゃ」系。カボチャにもいろんな品種があるので、色々と試して、その年々で主に作るカボチャの品種を変更しています。今年の品種は「鉄兜(てつかぶと)」。名前からしてお分かりの通り、皮が固い。。。。処理するのはとても大変ですが、このかぼちゃの味は一級品。是非お試しください!!

さらに、このシーズンから始まるのが「りんご」。それもリンゴの季節の一番初めに届くのが「紅玉(こうぎょく)」です。懐かしさを覚える方も多いかもしれませんが、その通りで、今ではかなり生産量が減っている品種になってしまっています。貴重な紅玉を、大切に下処理し、大切に煮込み、大切にジャムに仕上げて店頭に並べていく。山の農家さんの想いが詰まった紅玉を今年もジャムにできることを幸せに感じます。

こんな秋を彩る果実たちによる秋の味覚ジャム。店頭にあふれんばかりの勢いで色々な種類が整いつつあります。

さて、そんな秋の味覚をジャム屋カフェでも楽しんでいただこうとこのシーズンに提案しているのが「いも・くりフェア」。美味しい事、間違いない。下の写真は「おさつソフト」「東和金時の焼きジャムスイーツピザ」「秋の彩くりジャムトースト」。。。これから2・3週間おきに新しいメニューを考案していく予定です。どうぞ秋ドライブに楽しんでいってください!

さて、ここからはご報告です。

11月19日 ジャム屋の芋ほり大会!(事前申し込みください)

11月6日販売予定の雑誌「料理通信」さんの記事に一部載ります!下の写真はその撮影現場。東京のキッチハイクという料理教室と地域食材を結ぶ企画に参加させていただいたご縁での出演です。ぜひご覧くださいね!

そして10月21日には里山資本主義 実践者交流会in周防大島を開催しました!総選挙前日、更に台風到来前日という厳しい状況の中、約200人ものお客様にご来場いただけ、とても熱い交流会となりました。これを機にこれからも更に持続的な地域造りにジャム屋は取り組んでまいります!

当店でインターンシップした東京の大学生が書いた島の報告書!是非ご覧ください↓
http://recruit.cocolomachi.co.jp/1186

日経新聞に当店店主の想いが詰まった記事が掲載されました!こちらもご縁らください↓
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22820670X21C17A0LC0000/

 

閲覧(275)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。

 


11月の月次ネット販売は19日からです!
(ネットでは月に1度の販売となっております)
 
ギフトセットの販売は常時おこなっております
数量の多い場合は画面右上の「お問合せ」
ボタンからご連絡ください

現在販売中のギフトはこちら 

 

田舎が最先端!

共に未来を創れる幹部スタッフ募集

しています

店主夫婦あいさつ

その年々で、農家さんごとで、畑の条件で、果実の味が異なるのは当然、その個性と多様性を活かし、さらに最適な収穫時季にまでこだわるVintageで高品質なジャム造りに私達は取組んでいます。大鍋を使用せず短時間で果実本来の風味を生かす小ロット製法。職人の感性が生みだすマリアージュ。そして種子島産の化学的精製をする前の砂糖「洗双糖」を使用(pH調整剤やゲル化剤は不使用)。瀬戸内の島で生まれたVintageなジャムをお楽しみ下さい。
 

私たちの想いが詰まったテレビ番組がご覧いただけます↓!!

「NHK地域づくりアーカイブス」

「フェイス  続 里山資本主義 ―過疎の島こそ21世紀のフロンティア―」
(リンク先ページの関連動画「過疎の島こそ21世紀のフロンティア」の回をご覧ください)

 

  

    書籍:里山資本主義も販売中!

 

「美味しい田舎のつくりかた」販売中!

園内マップ

周防大島とは

 私たちがジャム作りのために選んだ島は瀬戸内海国定公園の西の端にあります。温暖で晴れの日が多い気候のため、様々な果実、特に柑橘栽培が盛んな島です。

 

 

周防大島の元気プロジェクト

高齢化率日本一といわれたこの島で、われわれが地域のためにできること。やるべきこと。島の若者たちと新しい取り組みを始めています。

「島くらす」のフェイスブックページは→こちら

 

ジャム屋日記

晩秋のジャム屋日記
[日記] 島では11月に入り気候も安定し、深まる秋を楽しめる季節になりました。下の写真はこの時季活況に入るイワシ網漁。2艘の船で網を両端から引き、徐々にしぼめていきます。最後にクレーンの付いた船で持ち上げると・・・岸のすぐそばでダイナミックに広げられるイワシ漁はまさに島の生活文化が漂う芸術です。 そして、観ているだけで芸術だと感じるモノ。秋はやはり紅葉ですよね。下の写真はブルーベリーの紅葉。春先の可愛... 2017-11-19

秋のジャム屋日記(10月)
[日記] 清々しい季節の始まり!という例年の10月のイメージとは異なり、島でも今年の10月は秋雨、台風、台風、、、、。ちょっと残念な気持ちになりますが、反対に晴れた日の貴重な陽射しへの感謝の気持ちが大きくなるので、これはこれで、お天道様が決めていることだから、有り難く受け入れていく。農業をしているとそんな気持ちになれるのが、いいところだと思います。下の写真はそんな貴重なある晴れた秋の日のミカン畑の丘。 ... 2017-10-29

初秋のジャム屋日記(9月)
[日記] 夏休みも終わり、島に秋の風が流れるようになってきました。見る側の目がそうさせるのか、海の色もどことなく秋の気配を感じさせます。 天高く、とはまさにこんな感じなんでしょうか。雲のたなびき方ひとつとっても清々しさが漂います。そんな秋の始まりですが、既に柑橘の島では新しいシーズンに向けて果実が大きく育ってきている季節でもあります。特に当店がこだわっている「ジャム製造に最適な旬を楽しむ」マーマレ... 2017-09-24



瀬戸内ジャムズガーデン (Facebookモバイル)



top
瀬戸内ジャムズガーデン(瀬戸内Jam's Garden)
〒742-2804 山口県大島郡周防大島町日前331-8

このサイトはリンクフリーです。
ご自由に左にあるバナーをご使用ください。

©Copyright 2012 Jam's Garden All Rights Reserved. Supporting by Crouton Co., Ltd.