2017
3月 26
(日)
21:00
3月のジャム屋日記
本文

島では日に日に暖かい陽射しの日が増え、植物たちも一斉に芽吹き始めました。この時季の瀬戸内海は冬の澄んだ海水と春の太陽とでとても美しく透き通った表情を魅せてくれます。まだ寒くて海に入ることはできませんが、観ているのには最高の季節です。そしてまたこの先に咲き乱れる大好きな花があります、それがイヌフグリ。ほんと小指の先ほどの小さな野花ですが、その鮮やかな青色がこの季節の清々しさをさらに引き立ててくれます。当農園の春の下草は足の踏み場に困るほど可憐です。

また、ブルーベリー園ではブルーベリーの樹々が芽吹きの時を迎えています。4月上中旬にはこれまた小さく可憐な花を咲かせ、5月ごろには小さな実になります。植物たちはただ見ているとほとんど変化がないよう見えますが、しかし確実に成果を出していく、人間は毎日慌ただしく何かしら動き回っていますが、成果のほどは・・・・素晴らしい営みに人間は支えられているのですね。

一方、農園の苺ハウスではミツバチたちが次から次へと花を移動しては受粉のお手伝い。気温が上がるとミツバチの活動が一気に盛んになります。

そんなミツバチたちに支えられてできた自家農園産いちご。最近では小学2年生の娘がジャム屋のレシピを覚え、パリブレストに上手に盛り付けが出来るまでになりました。お手伝いのご褒美にお兄ちゃんへサーブ、将来が有望視される娘ですが、ジャム屋をやめてケーキ屋にするとのこと、、、大塚家具の父娘戦争のようにならなければいいのですが、、、今から悩むところが親ばかですね。

さて、島の仕事の後継者にもジャム屋が成ろうとしています。下の写真は防風林の剪定指導を元の農家さんからいただいているところ。畑だけの管理から山全体の管理に。地域の担い手になるにはまだまだ学ぶことが沢山あります。頑張れ、未来の巨匠!


ジャム屋の小さな変革はまだまだ続きます。小瓶のふたにもにもてんとう虫が留まりました(^ ^)

島の農家さん支援で、ジャム屋に農産物のチャレンジ直売コーナーを設けました。下の写真は島のサツマイモ農家さんの「安納芋」!とてもおいしいんですよ!!

そしてまた一つ変化が!長年開催をオファーし待ち続けて来た待望の写真展が遂に開催決定!瀬川さん初の写真展、彼の写真たちは神々しく輝き、観る者は必ず周防大島の美しさに圧倒されます。4月11日までジャムズギャラリーにて開催です、是非ご覧になって下さい!

最後にもう一つご報告。いよいよ4月2日に迫ってまいりました、「瀬戸内パンフェスタ」。今年はパン屋さんの数も増えさらにグレードアップ。なんと苫小牧高校吹奏楽局によるシーサイドコンサートや地元漁協による魚の直売、ブラスアート作家さんのワークショップなど盛りだくさん!4月2日は是非瀬戸内の島でのどかな春の一日を満喫していってください!

閲覧(2389)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。

 


12月の月次ネット販売は10日からです!
(ネットでは月に1度の販売となっております)
 
ギフトセットの販売は常時おこなっております
数量の多い場合は画面右上の「お問合せ」
ボタンからご連絡ください

現在販売中のギフトはこちら 

 

田舎が最先端!

共に未来を創れる幹部スタッフ募集

しています

店主夫婦あいさつ

その年々で、農家さんごとで、畑の条件で、果実の味が異なるのは当然、その個性と多様性を活かし、さらに最適な収穫時季にまでこだわるVintageで高品質なジャム造りに私達は取組んでいます。大鍋を使用せず短時間で果実本来の風味を生かす小ロット製法。職人の感性が生みだすマリアージュ。そして種子島産の化学的精製をする前の砂糖「洗双糖」を使用(pH調整剤やゲル化剤は不使用)。瀬戸内の島で生まれたVintageなジャムをお楽しみ下さい。
 

私たちの想いが詰まったテレビ番組がご覧いただけます↓!!

「NHK地域づくりアーカイブス」

「フェイス  続 里山資本主義 ―過疎の島こそ21世紀のフロンティア―」
(リンク先ページの関連動画「過疎の島こそ21世紀のフロンティア」の回をご覧ください)

 

  

    書籍:里山資本主義も販売中!

 

「美味しい田舎のつくりかた」販売中!

園内マップ

周防大島とは

 私たちがジャム作りのために選んだ島は瀬戸内海国定公園の西の端にあります。温暖で晴れの日が多い気候のため、様々な果実、特に柑橘栽培が盛んな島です。

 

 

周防大島の元気プロジェクト

高齢化率日本一といわれたこの島で、われわれが地域のためにできること。やるべきこと。島の若者たちと新しい取り組みを始めています。

「島くらす」のフェイスブックページは→こちら

 

ジャム屋日記

初冬のジャム屋日記
[日記] 今年ももう12月。みなさん、年越しの準備を始めましたか。この島は柑橘の島。なので12月というのは収穫の一番忙しい季節。年越しの準備はなんだかんだと後回しになってしまいます・・・。また、この季節の晴れた日は、日中のお日様が貴重で貴重で、ついつい屋外仕事に追われます。下の写真はジャムズカフェの窓からのぞいた瀬戸内。 隣の入り江の浜はこんなに澄んだ色。夏なら飛び込んでいます(笑) そしてこの... 2017-12-10

晩秋のジャム屋日記
[日記] 島では11月に入り気候も安定し、深まる秋を楽しめる季節になりました。下の写真はこの時季活況に入るイワシ網漁。2艘の船で網を両端から引き、徐々にしぼめていきます。最後にクレーンの付いた船で持ち上げると・・・岸のすぐそばでダイナミックに広げられるイワシ漁はまさに島の生活文化が漂う芸術です。 そして、観ているだけで芸術だと感じるモノ。秋はやはり紅葉ですよね。下の写真はブルーベリーの紅葉。春先の可愛... 2017-11-19

秋のジャム屋日記(10月)
[日記] 清々しい季節の始まり!という例年の10月のイメージとは異なり、島でも今年の10月は秋雨、台風、台風、、、、。ちょっと残念な気持ちになりますが、反対に晴れた日の貴重な陽射しへの感謝の気持ちが大きくなるので、これはこれで、お天道様が決めていることだから、有り難く受け入れていく。農業をしているとそんな気持ちになれるのが、いいところだと思います。下の写真はそんな貴重なある晴れた秋の日のミカン畑の丘。 ... 2017-10-29



瀬戸内ジャムズガーデン (Facebookモバイル)



top
瀬戸内ジャムズガーデン(瀬戸内Jam's Garden)
〒742-2804 山口県大島郡周防大島町日前331-8

このサイトはリンクフリーです。
ご自由に左にあるバナーをご使用ください。

©Copyright 2012 Jam's Garden All Rights Reserved. Supporting by Crouton Co., Ltd.