ジャムズガーデン管理者 さんの日記

カテゴリー [日記] 
 
2016
12月 16
(金)
07:00
初冬のジャム屋日記
本文

島にも紅葉の季節がやってきました。比較的温暖なこの島は初冬の12月が紅葉のシーズン。ジャム屋近辺でも瀬戸内ブルーと対比した紅色・黄色の綺麗な葉の色づきが楽しめます。そしてジャム屋でもブルーベリーの樹々が彩りを添えてくれています。ブルーベリーはツツジ科なので紅葉もとてもきれいでおすすめです。

さて、そんな紅葉が目を楽しませてくれるこの季節、みかんの島は年末に向けて柑橘の収穫に追われ、ただただ慌ただしく時が流れていきます。当店にとって初冬が旬のマーマレード用柑橘といえばまず第1に樹上完熟かぼす!9月ごろが旬のかぼすですが、マーマレードにするには12月ごろまで樹上完熟させ、酸味がまろやかになった頃が最適。酸味と香りがとてもよく合うマーマレードになります。

ジャム屋にとって初冬第2の柑橘といえば柚子。柚子の樹木は指の長さほどもある鋭利なトゲが生えます。樹木のトゲを剪定はするのですが、見逃していると収穫時にとても痛い目にあいます・・・。とわいえ日本らしいのこ香りが大好きで、当店のジャム・マーマレードにはなくてはならない柑橘。今年も農業部総出で必死の柚子収穫に追われます。

ジャム屋にとって初冬第3の柑橘といえば青レモン。一般に黄色いレモンが流通しておりますが、本来レモンの最初は緑色。12月下旬ごろの寒さにより緑色から黄色に変色していくので、レモン産地ではこの時期ぐらいまでは緑色のレモンが出回っています。この時期のレモンは、普通の黄色いレモンの香りとは異なり、とてもフレッシュな独特の香りを放っています。そんな青レモンの香りを使わない手はないということで、この季節を代表する柑橘でもあります。

そしてジャム屋にとって初冬第4の柑橘といえばみかん!みかんの島ですから当たり前ですね!

一方、この時期が旬を迎える農作物として大事なのがサツマイモ。もともとサツマイモ栽培が盛んだったこの島のブランドさつまいも「東和金時」を当店の自家農園でも栽培しています。今年は夏の日照りで少々小ぶりな実りですが、反対に味は濃く、とてもおいしいジャムになります!

そんなクリやサツマイモなどの美味しいこの時季、島のジャム屋カフェでも「焼きジャム」スイーツフェアが始まります。今年は栗ジャムを贅沢に使用した栗ジャムトーストや東和金時バニラジャムを使用したスイートポテトピザ、更にはクレープで手巻き焼きジャムを楽しむメニューなど、焼きジャムをたんまり楽しめるメニューに仕上げてみました! 

さて、ジャム屋のこの時季の風物詩がもう一つ。「ジャム屋の季節便」の発送です。季節便は年4回、その時季時季のプレゼントと共にジャムをお届けする制度。今回は秋の味覚をいっぱい詰め込んだジャムたちとお米・すだいだいをセットにしました。

酢橙ってご存知ですか?島ではどの家庭にも1本は植えてあるという柑橘で、お鍋や焼き魚、カキフライなどに必要の都度、庭先からもいできて搾って使う香酸柑橘(こうさんかんきつ:香りと酸味を楽しむ柑橘)です。ゆずやスダチ、カボスなどと同じような使われ方の柑橘なのですが、島では酢橙が当たり前。全国の出荷量の99%をこの島が占める、ザ・島のソウルフードなのです。そしてなんと皇室から毎年この島の酢橙をお買い上げいただいているような由緒正しき柑橘でもあります!この酢橙は10月ごろから3月ごろの寒い時季が旬。ということで島の鍋料理には欠かせない薬味柑橘でもあります。下の写真はジャム屋のすだいだいの樹と収穫風景。

プラス、今回は島で農業を始めた三浦農園(オオシマアコースティック)さんのこだわり不耕起栽培米をセット。島への移住者を応援する意味でもご賞味ください。島の香りがします。

さて、最後に新しい取扱店さまのご紹介。東京駅前KITTE。群言堂さんでジャムズガーデンのジャム達の取り扱いが始まりました!土地の味がにじみ出る、素敵な商品達と共に棚を飾っております。

そしてもう一店舗。広島福屋駅前店6階の「クロワッサンの店」にて当店のジャムのお取り扱いが始まりました。正面のクリスマスのお菓子のコーナーにございます。いろいろなお菓子や雑貨と組み合わせてのギフトが人気の「クロワッサンの店」。是非お近くにお越しの際は覗いてみて下さいね!https://magazineworld.jp/…/croiss…/shop/shopData/shop16.html

 

閲覧(1367)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。

 


5月の月次ネット販売は21日からです!
(ネットでは月に1度の販売となっております)
 
ギフトセットの販売は常時おこなっております
数量の多い場合は画面右上の「お問合せ」
ボタンからご連絡ください

現在販売中のギフトはこちら 

 

田舎が最先端!

共に未来を創れる幹部スタッフ募集

しています

店主夫婦あいさつ

その年々で、農家さんごとで、畑の条件で、果実の味が異なるのは当然、その個性と多様性を活かし、さらに最適な収穫時季にまでこだわるVintageで高品質なジャム造りに私達は取組んでいます。大鍋を使用せず短時間で果実本来の風味を生かす小ロット製法。職人の感性が生みだすマリアージュ。そして種子島産の化学的精製をする前の砂糖「洗双糖」を使用(pH調整剤やゲル化剤は不使用)。瀬戸内の島で生まれたVintageなジャムをお楽しみ下さい。
 

私たちの想いが詰まったテレビ番組がご覧いただけます↓!!

「NHK地域づくりアーカイブス」

「フェイス  続 里山資本主義 ―過疎の島こそ21世紀のフロンティア―」
(リンク先ページの関連動画「過疎の島こそ21世紀のフロンティア」の回をご覧ください)

 

  

    書籍:里山資本主義も販売中!

 

「美味しい田舎のつくりかた」販売中!

園内マップ

周防大島とは

 私たちがジャム作りのために選んだ島は瀬戸内海国定公園の西の端にあります。温暖で晴れの日が多い気候のため、様々な果実、特に柑橘栽培が盛んな島です。

 

 

周防大島の元気プロジェクト

高齢化率日本一といわれたこの島で、われわれが地域のためにできること。やるべきこと。島の若者たちと新しい取り組みを始めています。

「島くらす」のフェイスブックページは→こちら

 

ジャム屋日記

皐月のジャム屋日記
[日記] 島の皐月は柑橘の花々が咲き誇り、清々しい風の中にほのかなシトラスの香りが漂います。気持ちよさでいうと島のこの季節がやはりベストシーズンですね。 ジャム屋ギャラリーの入り口近くに植えている薔薇が今年も華やかに咲き誇っています。 ジャム屋と目の前の海の間にある流木ベンチの足下でも、今年も月見草が咲きはじめました。この流木ベンチがこれからの季節、一番のオススメ特等席です。 晴れた日は用... 2017-05-21

春のジャム屋日記(4月号)
[日記] 季節は4月。晴れた日のジャム屋は下の写真のような風景。心ウキウキ、ただただ癒されます! ジャム屋のトレードマークの天道虫もジャム屋の庭に顔を出してくれました。 目の前の海も春仕様。 そんなある日、島の桜の一番の名所、五条の千本桜を観に出かけてみました。この島では例年3月末ごろが桜の見ごろなのですが、今年は4月12日からの3日間ぐらいがもっとも綺麗でした!島の桜のいいところは、その... 2017-04-23

3月のジャム屋日記
[日記] 島では日に日に暖かい陽射しの日が増え、植物たちも一斉に芽吹き始めました。この時季の瀬戸内海は冬の澄んだ海水と春の太陽とでとても美しく透き通った表情を魅せてくれます。まだ寒くて海に入ることはできませんが、観ているのには最高の季節です。そしてまたこの先に咲き乱れる大好きな花があります、それがイヌフグリ。ほんと小指の先ほどの小さな野花ですが、その鮮やかな青色がこの季節の清々しさをさらに引き立ててくれます... 2017-03-26



瀬戸内ジャムズガーデン (Facebookモバイル)



top
瀬戸内ジャムズガーデン(瀬戸内Jam's Garden)
〒742-2804 山口県大島郡周防大島町日前331-8

このサイトはリンクフリーです。
ご自由に左にあるバナーをご使用ください。

©Copyright 2012 Jam's Garden All Rights Reserved. Supporting by Crouton Co., Ltd.