ジャムズガーデン管理者 さんの日記

カテゴリー [日記] 
 
2016
11月 28
(月)
14:00
晩秋のジャム屋日記
本文

清々しい秋の浜風が島を通り抜けていく季節になりました。ジャム屋の目の前に浮かぶ浮島(うかしま)は島の中で唯一人口が増えている珍しい島。その理由は漁業、特にイワシ網漁がきちんと経済的に回っているからです。産業は必要ですね・・・と思いつつも、ほんの目の前で繰り広げられる勇壮なイワシ網漁は見ごたえたっぷりで、ついつい作業を止めて見入ってしまいます。とくに採りたてのイワシはほんとにおいしいです・・・こんな船を見ているだけで生唾が・・・(笑)

さて、秋は収穫の季節。島ではみかん以外にもいろいろな作物の収穫に追われる季節です。そんな中、この11月15日に行ったのが「ジャム屋の畑で芋ほり大会」。ご参加いただいた皆様、遠路ご来島いただきありがとうございました!県内外のお客さまに恵まれ、さらには、今年はイノシシ被害にも合わずに、天候にも恵まれ、、、ただただ感謝の収穫祭でした。

うちの娘も奮闘しております↓

さて、島内産ではもちろんないのですが、この季節の旬といえば「りんご」。当工房では名古屋に住んでいたことがあるので、その当時からお付き合いしている安曇野の農園さんとここ5年程前から知り合いになった山口県徳佐の農家さんがリンゴの仕入れ先です。どちらの産地の農家さんもかなりこだわったりんごづくりをしているのと、産地で作るリンゴの品種が異なることから、それぞれの個性を生かしたジャムに仕上げています。

例えば安曇野のリンゴ農家さんのりんごの品種に「グラニースミス」というものがあります。このリンゴは煮込むと果実がどろどろに溶けるタイプで爽やかな酸味が楽しめるタイプ。一方、「新世界」や「こうたろう」といった品種は煮込んでも荷崩れしないので、食感を楽しむために角切りして丁寧に原型をとどめるように煮込んでいきます。それぞれの果実の個性とジャム職人の対話によって、リンゴ系ジャムも全く違った表情を見せるのです。

さらに今年は、自家農園でローゼル(ハイビスカス)を初栽培・初収穫!!コレをハーブティにするとクレオパトラも美貌を保つため飲んでいたと言われているハイビスカスティーになりますが、そこはもちろんジャム屋。何かとマリアージュさせて全く新しいジャムを造ろうと思案し、そして生まれたのがハイビスカス+りんご。リンゴのまろやかさがとてもマッチした甘酸っぱいジャムに仕上がっています!

さて、島の産物として今から旬を迎えるもの、やはり柑橘類ですね?特に香りが爽やかで酸味の多い「香酸柑橘(こうさんかんきつ)」は11月・12月ごろが旬。青レモン・樹上完熟カボス・黄金ゆずなど、酸っぱいけどマーマレードにして一番おいしい旬になります。下の写真はライム!

そして樹上完熟カボス↓。どれも個性的ですが酸味と香りのパンチの利いたマーマレードが大好きな方は、今からが絶対おすすめです!

話しは変わりますが、ご縁をいただきなんと西本願寺の本山(京都)で夫婦漫才をしてきました(笑)。人口減少時代のこれからのお寺の役割とあり方、そして持続的な地域づくりに「ジャム」と「歌」で取り組む島のお寺を楽しく紹介。後半は二胡奏者Mikiさんと副住職のコラボ音楽会も!そしてジャム販売もしていきました。最近では仏教界でも地方の末寺が過疎・高齢化でどんどん廃寺になる時代。お寺も地域資源ととらえると、色々な取り組みができると思います。
 

そんな、お寺の資源(ご縁)を大切にしつつ地域づくりにまい進しているのが面白いと映ったようで、なんとパネル展示までしていただきました!さらにはジャム屋のジャムが本願寺本山のお寺カフェ・マルシェで取り扱いが始まっています!京都にお参りの際には是非ご覧になっていってください。

http://www.hongwanjicafe.jp/

最後に2つご報告。一つは周防大島の景色や瀬戸内ジャムズガーデンがモデルにもなっている、水瀬藍先生の「恋降るカラフル」第5巻が発売されました。主人公の女の子は、カラフルガーデンという名前のジャム屋さんの一人娘。彼氏ができたことに戸惑う父親も少し登場しており、我が家では大ウケでした(ちなみにうちの娘は8才です)。2人の恋模様は勿論、水瀬先生のとても綺麗な絵で描いてくださる大島の景色にも、ぜひご注目ください!

そしてもう一つの報告は、東京での取扱店様!なんと伊達公子さんのお店でジャムズガーデンの商品を取り扱っていただき始めました。先日ご挨拶にも行ってきました。さすが世界を知る伊達さんらしさが伝わるこだわり。ドイツパンがとても美味しかったです!是非ご来店くださいね!

閲覧(2262)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。

 


8月の月次ネット販売は20日からです!
(ネットでは月に1度の販売となっております)
 
ギフトセットの販売は常時おこなっております
数量の多い場合は画面右上の「お問合せ」
ボタンからご連絡ください

現在販売中のギフトはこちら 

 

田舎が最先端!

共に未来を創れる幹部スタッフ募集

しています

店主夫婦あいさつ

その年々で、農家さんごとで、畑の条件で、果実の味が異なるのは当然、その個性と多様性を活かし、さらに最適な収穫時季にまでこだわるVintageで高品質なジャム造りに私達は取組んでいます。大鍋を使用せず短時間で果実本来の風味を生かす小ロット製法。職人の感性が生みだすマリアージュ。そして種子島産の化学的精製をする前の砂糖「洗双糖」を使用(pH調整剤やゲル化剤は不使用)。瀬戸内の島で生まれたVintageなジャムをお楽しみ下さい。
 

私たちの想いが詰まったテレビ番組がご覧いただけます↓!!

「NHK地域づくりアーカイブス」

「フェイス  続 里山資本主義 ―過疎の島こそ21世紀のフロンティア―」
(リンク先ページの関連動画「過疎の島こそ21世紀のフロンティア」の回をご覧ください)

 

  

    書籍:里山資本主義も販売中!

 

「美味しい田舎のつくりかた」販売中!

園内マップ

周防大島とは

 私たちがジャム作りのために選んだ島は瀬戸内海国定公園の西の端にあります。温暖で晴れの日が多い気候のため、様々な果実、特に柑橘栽培が盛んな島です。

 

 

周防大島の元気プロジェクト

高齢化率日本一といわれたこの島で、われわれが地域のためにできること。やるべきこと。島の若者たちと新しい取り組みを始めています。

「島くらす」のフェイスブックページは→こちら

 

ジャム屋日記

盛夏のジャム屋日記
[日記] 皆さんはもう夏休みとりましたか?8月は島が一番輝く月。ジャム屋の目の前が下の写真のような海なので仕事をしていながら、そのまま飛び込みたくなります(笑)。 そして、もちろんご来店されるお客様が一番多い季節でもあります。ジャム屋もいつもにもない熱気が漂い、ちょっとしたリゾート気分が味わえます。 ジャム造りだけではない6次産業のジャム屋なので、もちろん、ジャムの食べ方を提案するカフェもあり、... 2017-08-20

10周年の夏のジャム屋日記
[日記] 島に今年も夏がやってきました!暑くて大変!だけど島が一番輝いて見えるこの季節、島の主要観光施設ではサタフラという夏季限定のフラダンスイベントが毎週末(フライデー夕方)開催され、海水浴場もOPEN。島が一番賑やかになるシーズンでもあります。もちろん、ジャムズも夏仕様にしてお迎えの体制万全です。鉢植えブルーベリー(鉢と言っても直径70センチもある)をエントランスから多数配置し、まるでブルーベリーの森の... 2017-07-17

梅雨の季節のジャム屋日記
[日記] 梅雨入り宣言後もなかなか雨の降らなかったこの島も6月下旬に入り、やっと梅雨らしい天候が続く今日この頃です。自家農園で農業もしているジャム屋としては梅雨時期には梅雨時期らしく雨が降ってくれないと、植えたばかりのサツマイモが心配になったり、ブルーベリーが一向に太らないのに心配したり、、、都市部でサラリーマンをしていたときには雨は厄介者でしかなかったですが、住む環境が変わると心も潤してくれるのが梅雨の雨... 2017-06-25



瀬戸内ジャムズガーデン (Facebookモバイル)



top
瀬戸内ジャムズガーデン(瀬戸内Jam's Garden)
〒742-2804 山口県大島郡周防大島町日前331-8

このサイトはリンクフリーです。
ご自由に左にあるバナーをご使用ください。

©Copyright 2012 Jam's Garden All Rights Reserved. Supporting by Crouton Co., Ltd.